もう着こなすしかない、大きいサイズのメンズシャツ

もう着こなすしかない、大きいサイズのメンズシャツ

大きいサイズのカジュアルシャツ

カジュアルシャツにはいろいろなタイプのものがありますが、普段、ただ着ているだけで、自分のシャツがどんなものなのか気にしたことの無い人も多いのではないでしょうか?大きいサイズのカジュアルシャツにはどんなものがあるのでしょうか?
 

リネンシャツ

リネンシャツは、麻を使った通気性に優れたシャツで、夏にぴったりです。カラーもホワイトやオフホワイトといったものが中心になるので、さわやか感を演出するのに最適なシャツと言えるでしょう。少しザラッとした感触の生地が特徴です。
 

デニムシャツ

その名の通り、デニムでできたシャツです。ラフでカジュアルな雰囲気作りの決定版です。年間を通して使えるファッションアイテムとして、必ず持っておきたいデニムシャツ。ブラックジーンズやホワイトTシャツとの相性は最高です。
 

プルオーバーシャツ

プルオーバーシャツは前ボタンがなく、Tシャツやカットソーのように頭からかぶって着るタイプのシャツです。
 

ポロシャツ

ポロシャツは、カジュアルからビジネスまで幅広いシーンで着ることのできる、とても便利なファッションアイテムです。カラーやデザインのバリエーションも豊富。爽やかな印象を与えたいなら、ポロシャツを選んでおけば間違いないでしょう。
 

バンドカラーシャツ

普通の襟ではなく、首のまわりにスリムなバンド状の襟を持つシャツです。ホワイトやオフホワイトなどでシンプルなデザインが多く、カジュアルながらも清潔感あふれる雰囲気を演出できるでしょう。

開襟シャツ(オープンカラーシャツ)

開襟シャツは、オープンカラーシャツとも呼ばれる、カジュアルタイプのシャツで、襟を開いた状態で着ることを前提にデザインされています。長めの丈になっていて、裾もストレートカット。そのため、ボトムスにタックインして着ることは、基本的にありません。夏向けの性質が強いことから、半袖が普通です。
 

大きいサイズのシャツ、コーディネートの秘訣

シャツはファッションコーディネートにおいて、年間を通して使える、とても便利なアイテムです。シャツはビッグサイズの世界に生きるファッショニスタの強力な味方です。
 
一昔前は手に入れにくかったビッグサイズのファッションですが、現在はインターネットでかんたんに手に入れることができます。多くのブランドが、カラー、そしてサイズのバリエーションを豊富に用意してくれています。以前のように、体が大きいからといって選択肢が少ないということは少なくなりました。
 
シャツにはカジュアルからフォーマルまで、さまざまな種類があります。「基本的なシャツの着こなし方」はありますが、そこに大きいサイズならではのルールを適用、応用することで、自分のスタイルを極めましょう。大きいサイズのメンズシャツ。もう、着こなすしかありません。
 

大きいサイズのシャツで爽やかにきめる

着こなし。はっきり言って面倒くさいし、何を選んだらいいのか、まったくもって分からないという人もいることでしょう。でも大丈夫。ポイントを押さえれば、そんなことは気にならなくなります。
 

大きいサイズのシャツ、ボーダーを選ぶときは細心の注意を

ぽっちゃり体型の人がボーダーのシャツを選ぶ際は注意が必要です。ボーダー、特に太いボーダーのシャツは、ぽっちゃり体型を強調してしまいます。もちろん、これは目の錯覚によるものですが、横に広がって見えてしまうのです。
 
どうしてもボーダーのシャツを選びたいというのであれば、細めのボーダーがいいでしょう。また、細めのボーダーの方が、太めのものよりもフォーマル感が出て爽やかに見えます。白地に細めのネイビーストライプが入ったTシャツやポロシャツは、爽やか感が出て重宝するでしょう。
 

大きいサイズのシャツ、縦縞は着やせ効果あり

ぽっちゃり体型の人にはストライプのシャツが有効です。これも目の錯覚によるものですが、縦縞は縦のラインを強調するため、細身に見える効果があるのです。縦縞の場合も、太めの縞よりは細めの縞の方が上品に見えます。大きいサイズのシャツを爽やかに着こなすために、縦縞シャツを手に入れておくと良いでしょう。爽やかにきめるなら、ホワイト地にブルー系の細いストライプが通ったシャツなどがおすすめです。
 

大きいサイズのシャツ、収縮色を選んでみる

色には実際よりも大きく見える膨張色と、ラインがくっきり見えやすい収縮色があります。膨張色はホワイトやライトピンクなどの明るい色です。明るい色は、パワーがありすぎてラインがぼやける傾向があり、何かシルエットが広がって見えてしまいます。そのため目の錯覚で太って見えやすくなるのです。ブラックやネイビーなどの収縮色を選ぶと、シルエットがくっきりと見えるようになり、着やせ効果が期待できます。
 

大きいサイズのシャツ、首もとを露出させてみる

大きいサイズのシャツを爽やかに着こなすのであれば、首もとをサラッと露出させてみましょう。TシャツならVネック。ポロシャツならボタンを外して、首もとを見せましょう。首をよく見えるようにするとスリムに見えます。スリムに見せるためには体の「首」がつく部分を、上品に露出することが大切です。「首」「手首」「足首」といった部分を露出すると、全体的にスリムに見える効果があります。
 

大きいサイズのシャツ、体に合ったサイズを選ぶ

ぽっちゃり体型が、よりぽっちゃりと見えてしまう背景には、間違ったサイズ選びがあります。ぽっちゃり体型の人は、体型を気にするあまり、大きめサイズの服を買うことがありますが、これがまちがいの元です。大きめのサイズを選んでしまうと、二の腕などがより太く見えてしまうことにつながります。何か全体的にダボッとした感じに見えてしまい、シルエットがより大きく見えてしまうことにつながります。
 

大きいサイズのシャツ、襟元にデザイン

たとえばポロシャツなどで襟元にストライプが入っていたり、ワンポイントのデザインが入っていたりするものがありますが、こうしたデザインは人の視線を引きつけるので、お腹周りが気になる人は試してみるといいでしょう。人の視線を上に集めることによりスリムに見せます。また、意外に効果的なのがシャツをボトムスの中にインする着こなし。これは、ぽっちゃりさんのおしゃれにとっては上級テクニックかもしれませんが、チャレンジする価値ありです。
 

ぽっちゃりさんのためのタックイン

大きいサイズのぽっちゃりさんの中には、シャツをボトムスに入れる「タックイン」は、お腹が目立ってしまうのではないかと心配している方もいることでしょう。タックインは誰にとってもかんたんではありませんのでご心配なく。今までご紹介してきたセオリーからは少し外れますが、それが応用というもの。挑戦あるのみです。
 
シャツをボトムスにタックインすることで、体のシルエットは細めに見えるようになります。しかし、シャツの裾部分を適度にたるませてタックインさせる必要があります。ボトムスにぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、クールな印象とはかけ離れたファッションになってしまいます。
 
また、合わせるボトムス選びにも気を遣いましょう。ボトムスがあまりにもスリムなシルエットだと、何かアンバランスなシルエットに見えてしまいます。少しゆったりめのボトムスと合わせると、ぽっちゃりさんにとって自然なシルエットになるでしょう。また、アウターに、少し大きめのジャケットを合わせみてもいいでしょう。


【大きいサイズ】メンズのTシャツ・パーカー・アウター・パンツ・デニム・ジャージ・ベルト・帽子